【国内ニュース】佐賀県内のトンネルで謎の停車車両が事故誘発。その後現場を走り去る。ドラレコが公開。

2022年3月7日午前、佐賀県佐賀市を通る国道のトンネルで、車両4台が絡む交通事故ありました。交通事故はトンネル内でなぜか駐車していた車両があり、そこの手前で停止した車の後ろでバイク2台が追突、さらにバイク1台が対向車線に回避しようとして対向車と衝突するという形で発生し、1人が骨折をする怪我をしました。

トンネル内は駐車禁止で、止まっていた車の運転手は事故発生時、車両から離れていましたが、止まっていた車の運転手は事故を目撃して現場を立ち去りました。

この事故の様子は、止まっていた車の後ろで停車した車のドライブレコーダー映像が公開され、そのあまりにもひどい様子が物議をかもしています。
公開された動画はこちら

広告

他の動画

駐車禁止箇所で車両を停止させていたことにより交通事故を誘発した場合、たとえ車両同士の接触がなくとも、過失を問われることがあります。

ただし、追突事故というのは性質上、適切な車間距離と適切な速度での走行を心がけていればほとんどが防げるものであり、追突した車両の過失は必然的に大きくなるもので、警察がこれをどうとらえ、どう捜査するか、今後の捜査の行方が気遣われます。

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ