【ニュース・速報】楽天の送料無料方針、公正取引委員会が緊急停止命令を申し立て。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

通販サイト「楽天市場」において一定額以上の購入の場合において「送料込み」と表示する方針が出店者に不利益を与える恐れがあるとして、公正取引委員会は28日午後、楽天に対して緊急停止命令を出すよう東京地裁に申し立てました。

広告

公正取引委員会が緊急停止命令を申し立てたのは16年ぶりのことで、異例の対応となります。

楽天市場では、これまで各出品者が各自で発送の手続きをするために、送料を別に設定するシステムを採用していました。
楽天から物流ルートが提供される訳でも、楽天側で送料を負担するという提案でもなく、そうしたことへの調整や実施は、出品者に強く負担を与える物と懸念されており、今回に対応に至ったものと思われます。

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ