【動画ニュース】落下物には要注意。跳ね上げられた落下物がフロントガラスに直撃。

「落下物は落とし主の責任です。」
日本の高速道路でよく見かける告知の一つで、落下物による事故は落とし主に責任が課されることがあります。

落下物を落とさないことはもちろん、落下物に気を付けてそうこうすることも大切です。
そのためには適切な車間距離の確保など、基本的なことが求められます。

2021年4月24日、タイのバンコクで前走者のタイヤよって巻き上げられた金属片が後続車のフロントガラスに直撃するという事故がありました。幸いにもこの事故でけが人は出ませんでした。

事故の様子はドライブレコーダーの映像が公開され、視聴できるようになっています。

公開された動画はこちら

動画では、撮影車が走行していると、突然前のピックアップトラックが金属片を跳ね上げ、フロントガラスに直撃する様子が記録されていました。

直撃した車には夫婦とその娘が乗っており、後に運転手はこう語ったとのこと。
「娘は車の中にいて、驚いて泣いていました。鉄なのかアルミなのかはわかりませんが、車のフロントガラスに大きなダメージを受けた。すぐにロードサービスを呼んだ」

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする