【海外ニュース】ガソリンスタンドに消防車が突っ込む。実は2回目だった。

アメリが合衆国ミシガン州デトロイトにあるガソリンスタンドでは、2019年後半ごろにガソリンスタンドのすぐ前の交差点で消防車が乗用車と衝突し、ガソリンスタンドに突っ込んでくるという事故がありました。

それから3年、2021年の3月に、同じガソリンスタンドにまた消防車が突っ込む事故が発生。消防士3人を含む計7人が負傷しました。事故は前回と同じく、すぐ目の前の交差点で消防車と乗用車が衝突する形で発生。

「2回も消防車に突っ込まれたガソリンスタンド」という伝説となってしまいました。
該当する2回の事故の様子は、LiveLeakを初めとした動画サイトなどで共有されており、視聴することができます。

広告

公開された動画はこちら

動画では、2019年に発生した事故と、2021年に発生した事故の様子が記録されていました。

「なぁ知ってるか、あのガソリンスタンドは消防車に2回突っ込まれたことがあるんだぜ。」
「このガソリンスタンドでは消防車のサイレンが聞こえたら、避難の準備をする必要があるんだ。」

現地ではそんなことが言われているかもしれません。

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ