【海外・動画】踏切で一時停止すべき理由はこれ。反応しない遮断機に殺されかける様子。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

日本の踏切では、踏切信号で進行が認められている場合を除いては、基本的に一時停止の義務があります。
稀に踏切で一時停止した車にクラクションを鳴らす謎の人が居たり、まったく一時停止をしない人も居ますが、一時停止しなかった場合にどういうことが起こり得るのでしょうか。

今回紹介する動画は海外の動画で、それも少し古い動画なので参考にはならないかもしれませんが、「遮断機が正常に作動せず、電車と衝突しかける様子」の動画が公開されていたので紹介します。

動画はこちら

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

動画はアメリカのイリノイ州のモケナ警察のパトカーのドライブレコーダーのようです。
ギリギリの回避でしたね。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする