【国内・動画】もはや当たり屋?無理な動きで車と衝突するバイクが撮影される。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

もはや当たり屋?

広告

2020年11月11日にTwitterに投稿された動画では、バイクが追い越しを試みたのか、無理な動きをして車と衝突する不思議な様子が記録されていました。

動画・ツイートはこちら

動画では、前方の信号が黄色信号を経てゆっくりと赤信号に変わり、赤い乗用車がそれに合わせて減速。
矢印信号で直進が可能になるも、赤い乗用車はそれに気がつかなかったのか一度停車。
すると、その後ろを走っていたバイクが赤い乗用車の前に出ようとしたのか、追い越しのような動きを開始。
赤い乗用車は矢印信号に気がついたのか前進を開始すると、幅寄せをしてきていたバイクと接触する様子が確認できます。

筆者の意見ですが、信号は道路交通法にといて「進め」という意味ではなく「進行可」であるという点(赤い乗用車はただ信号を見落としたのではなく、危険を感じて停車していたという可能性もあった。バイク側からは赤い車の先がどうなっているか完全には見えない。よって安易に追い越しを試みるのは不適切。)と、交差点とその手前から30m以内の場所は追い越し禁止である点を考慮すると、バイク側に過失が問われていくものであるとみられます。

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ