【海外ニュース・動画】ロシアの新型コロナウイルス病棟で酸素供給設備が爆発。動画が公開。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

2020年10月30日、ロシアのチェリャビンスクにある新型コロナウイルス(Covid-19)患者の専用病院で、酸素供給設備が発火し、爆発する事故がありました。

火災の炎や爆発による爆風による直接的な死者は出ませんでしたが、爆発による設備の停止で酸素の供給が停止されている間に、同病院の集中治療室に居た二人の新型コロナウイルスの患者が死亡したとのこと。

この爆発の様子は動画が公開されており、視聴することができます。

動画はこちら

別のアングル

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

動画では、病院の酸素供給設備が激しく燃え、爆発する様子が記録されています。

 

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする