【海外ニュース・動画】インドで圧力鍋の底に仕込まれた500万円相当の金塊が押収される

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

2020年9月5日、インドのカリカット国際空港で圧力鍋の底に仕込まれた37,000ポンド相当(日本円で500万円相当)の金塊が押収される事件がありました。

荷物はサウジアラビアから来た飛行機の乗客により持ち込まれ、当局が発見したとのこと。

この件について、インド当局が押収して荷物を開ける動画が公開され話題になっています。

動画はこちら

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

圧力鍋が改造され、二重底になった状態で持ちこまれていることが確認できます。

目視だけでは解らなさそうなので、X線にでもひっかかったのでしょうか。
見た目では巧妙な仕組みでしたが、当局の目を逃れることはできなかったようです。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする