【追跡動画有り・海外ニュース】バーモント州ラトランド市で市長の息子が警察官と銃撃戦。一連の動画が公開される。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

アメリカ合衆国バーモント州南西部ラトランド郡での、衝撃的な事件の様子の動画が公開されました。

動画には人が撃たれる瞬間が写っています。
自己責任で閲覧してください。

動画はこちら

「Police release video of fatal shootout in Rutland 」
(画像クリックでも動画を見れます。)

2019年10月8日、アメリカ合衆国バーモント州にあるラトランド市において、クリストファー G・ローラス※(当時33歳)がラトランド市警察の警察署に2発の銃弾を撃ち込む襲撃を行いました。

※長年ラトランドの市長である「クリストファー・ローラス※クリス・ローラ」の息子。

警察は、車種とナンバープレートを特定し該当車両を発見。追跡をするも該当車種は逃走。
さらに、逃走中に窓から銃を出し、銃を追跡するパトカーの方に向けました。
これを見た警察官は被疑車両へ体当たりをし、被疑車両は縁石の方へ向かい、被疑車両を運転していたローラスは車が縁石に乗り上げる前に車から飛び降りました。

ローラスは車から飛び出した後、さらに銃を警察官のいる方向の地面に向け発砲したため、4人の警察官はそれに応戦し、車両の背後から撃ち返しました。

複数回の銃撃を受けたローラスは、ラトランド地域医療センターに搬送され、死亡が確認されました。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする