【国内ニュース】圏央道をGPS読み226km/hで爆走。事故を起こした車のドラレコが公開される。

東京都から約40~60キロメートルを環状に連絡する全長約300キロメートルの高規格幹線道路である圏央道(首都圏中央連絡自動車道)をGPS記録読みで最大226km/hで爆走。

危険運転の後に事故を起こした車のドライブレコーダー映像が投稿され、物議を醸しています。

公開された動画はこちら(元動画:https://www.youtube.com/watch?v=GmDCMbAWVis)

動画では、GS300アリストとみられる撮影車が圏央道を猛スピードで暴走、その後事故に至るまでの様子が記録されていました。幸いにも他者を巻き込みはしなかった様子。

圏央道を暴走する撮影車
圏央道を暴走する撮影車

他者を巻き込めば危険運転致死傷は免れなかったことでしょう。

時速226kmを示すGPS記録 -動画より-

動画では、GPS記録読みで最大で時速226キロを記録している様子が確認できます。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ