【海外ニュース・動画】アメリカ、アリゾナ州で酔っ払い刃物男に警官が発砲。一人がけが。

記事をシェアする

アメリカ合衆国、アリゾナ州フェニックスで2020年6月14日に刃物男を警察が射殺する事件がありました。

その日、午後7時45分ごろ、ショッピングモールの駐車場で刃物を持った酔っ払いの男がショッピングモールの利用客を威圧していると警察に通報がありました。

カクタス・バーク警察署の巡査が現場に駆け付けると、駐車場を歩き回る容疑者を複数の人が指差しで巡査に伝えました。

巡査は容疑者に何度もナイフを捨てるように呼びかけましたが、容疑者は巡査に向かって「殺す」と言いながら突撃。
巡査は安全な間合いを確認してから一発を発砲。発射した弾丸は容疑者に命中し、容疑者はその場で倒れこみました。

それからすぐにほかの警察官も到着し、手錠をつけられた状態で容疑者は治療を受け、容疑者は命に別状はないとのこと。
発砲した警察官はカクタス・バーク警察署に配属されて1年目の女性警官でした。

 

この様子の動画は、米国の法律「知る権利」により公開されています。
動画はこちら(人に向けて銃を発砲する瞬間が映っています。視聴は自己責任で。)

コメント欄ではこのように反応されています。

「撃たれたのが一発だけだったのは本当にラッキーだったな。」
「後ろが壁の場所になってから撃ってるね。流石だ。」
「彼女(※発砲した巡査)は英雄だね。」


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア

中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする