【海外ニュース・動画】アメリカで暴走車のギャラリーに襲われたパトカーが急発進、一人が怪我。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

2021年1月25日、アメリカで集団に襲われたパトカーが危険から逃れるため急発進し、群衆の一人が怪我をするという事件がありました。

※このニュースは「警察車両が群衆に突っ込む事件が発生。」「パトカーが市民を跳ね飛ばした。」などとメディア各社により報道され、話題になりました。この記事の筆者は、実際の動画を見て「集団に襲われたパトカーが危険から逃れるため急発進。」の方が適切な表現であると個人的に判断したため(メディアポリシーに基づき執筆)そのように表現しています。

事件があったのはアメリカ西部、ワシントン州のタコマにある交差点で、当初、一台の改造車が違法に危険なドリフト走行をしていました。多くのギャラリーが群がり、その様子を見ている中、通報を受けたパトカーが現場に到着。

すると、暴走車を見ていたギャラリー達はパトカーに群がり、集団で窓をパトカーの進路を塞ぐ、車を叩く、窓を割るなどの行為に出ました。次の瞬間、パトカーが群衆に囲まれたまま急発進。群衆を突き飛ばし、一人をはねて現場から離脱。

この事件によりパトカーの前を塞いでいた群衆の一人が怪我をしました。

CNNの取材によると、パトカーの運転手は「群衆が窓を叩き始めたため、身の危険を感じた」と話しているとのこと。
運転手は事件後すぐに休職処分を受けたとのことです。

この事件の様子は動画が公開されていて、物議を醸しています。
ここからは、撮影された動画、写真を紹介します。

ドリフト走行をしていた暴走車の様子

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

パトカーが急発進して人をはねる様子

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

パトカーが急発進して人をはねる様子の別アングル
(しっかり写っていますので視聴は自己責任でお願いします。)

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

パトカーの被害状況の写真
https://www.liveleak.com/view?t=CoCpm_1611470693 より引用)

蹴られたパトカーの様子
蹴りをいれられたパトカーのバンパー https://www.liveleak.com/view?t=CoCpm_1611470693 より引用

 

リアガラスが割られたパトカー
リアガラスが割られたパトカー (https://www.liveleak.com/view?t=CoCpm_1611470693 より引用)

公道での暴走行為は、重大事故に発展することもある危険な行動です。
重大な事故に発展した例の記事↓

【海外・動画】暴走族が交差点でドリフトして大暴れしクラッシュ。電柱を倒し大変なことになる様子が公開。

筆者は、パトカーの運転手が休職処分を受けたというのが少し可愛そうに感じました。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする