【海外ニュース】シカゴで連続発砲事件。4人が死亡。容疑者は警官に撃たれて死亡。

アメリカのメディアCNN、イギリスのメディアDailyMailが報じた内容によると、現地時間2021年1月9日アメリカ合衆国イリノイ州の都市シカゴで連続発砲事件があり、少なくとも4人が死亡し3人の負傷者が出ました。

事件の内容があまりにも残忍であったため、最初に概要のみ記載します。

・ 容疑者の男性はあちこちを移動し1日の間に4人を殺害、3人を負傷させた。

・ 容疑者は警察官に射殺された。

・ 警察と容疑者による銃撃戦の様子を記録したボディカメラ映像が公開された。

 

~ 筆者からお知らせ ~

この記事ではここから事件の詳細について記載しますが、筆者の見解として、あまりにも残忍な事件であったため、衝撃的なニュースが苦手な方はこれ以上記事内容を閲覧をすることは推奨しません。ブラウザの戻るボタンを押すか、他の記事を閲覧することをおススメします。また、この記事では広告の掲載は受け付けません。

~~~~~~~~~~~

 

最初の発砲があったのは現地時間2021年1月9日午後1時50分ごろ。
容疑者の男が駐車場に入り、車の中にいた30歳の男性を射殺。

その後、容疑者は数ブロック共同住宅の玄関に入り、女性警備員に電話を使いたいと頼んだ後に警備員に発砲。
女性警備員は後に病院で死亡が確認されました。

容疑者はさらに同じ共同住宅の建物内で、手紙を取りに来た77歳の女性に向けて発砲。
弾は女性の頭部に当たり、病院で危機的な状態にあるとのこと。

その後容疑者は、近くの建物で知り合いの男性に銃を突きつけ車の鍵を奪い、車で逃走しました。

それからしばらくして、同日午後3時45分ごろ、コンビニエンスストアで強盗を行い、店内で発砲。
20歳の男性が頭部を撃たれて死亡し、81歳の女性が背中や首を撃たれて重体になりました。

さらに午後5時ごろ、母親が運転する車に乗っていた15歳の少女に向けて銃を発砲、少女は重体となっています。

その後に容疑者は強盗を行ったコンビニエンスストアに戻り、事件の捜査を行う警察官に向けて発砲した後、容疑者は走って近くのレストランに移動、女性を人質にした後に女性に向けて発砲。人質となった女性はその後、病院で死亡が確認されました。

その後、容疑者はレストランの駐車場で警察官と対峙し、警察官が容疑者に発砲。
容疑者は現場で死亡が確認されました。

 

この事件は非常に大きな事件として取り上げられたため、アメリカの法律に基づき、警察官のボディカメラの映像が公開されました。
公開されたボディカメラの映像では、警察官が容疑者を射殺する様子が記録されており、現場の生々しい映像があまりにも恐ろしいと手して物議を醸しています。

事件の事実の記録と事実の報道を目的に、下記に動画へのリンクを貼りますが、動画は非常に衝撃的な内容であるため視聴は推奨しません。
公開された動画:Mass Shooter Dropped: Takedown of Mass Shooter Jason Nightengake
(39秒~音声有り。音量注意。)

情報元

DailyMailの記事
‘I’m going around giving blessings’: Gunman, 32, brags about his random shooting rampage in Chicago’s South Side as he kills four – including student, 30, sat in his car – before being shot dead by police

CNNの記事(少し古い情報)
米シカゴで連続発砲 3人死亡、容疑者は死亡

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ