【海外ニュース・動画】タイの高速道路で金属製の板が飛んでくる事故。動画が公開。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

タイ中部のサムットサコンを通る高速道路で2020年9月15日、ドライブレコーダーをセットした撮影者の前を走る車から金属製のカバーが飛んできて、撮影者の運転する車のフロントガラスを粉砕する事故がありました。

運転手は幸いにも大きな怪我をすることはありませんでした。

金属製のシートは、積荷の水が入ったボトルをカバーするために使用されていたもので、長さは3.2ft(約97センチ)ほどあったとのこと。

この事故の様子のドライブレコーダー映像は公開されていて、視聴することができます。
動画はこちら

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

運転手のサムファット氏こう述べたとのこと。

「すべてがあっという間のことだった。最初はただの紙切れだと思った。かわすために分離帯に突っ込みそうになった。後続車と衝突することなく、すぐに停車できたのは幸運だった。」

同氏は瓦礫を回収した後、損傷した車を使ってトラックを追いかけ、ドライバーに事故のことを伝えたとのこと。
その後、配送ドライバーは謝罪し、「金属製のカバーは本来、車両のフレームに固定されていたが、壊れてしまったようだ。」と説明。

車の修理代はトラック運転手の保険会社はから支払われるとのことです。

 

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ