【海外ニュース・動画】太平洋の無人島で3人の漂流者が無事に保護される。

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

2020年8月3日、太平洋の島国ミクロネシア連邦の無人島ピケロット島で三人の漂流者が無事に保護されました。

3人の乗るボートは先月の30日にミクロネシアのプルワト環礁から約42キロ離れたプンナップ島へ向けて出発。
しかしコースを外れてしまい燃料を無くし、目的地から190キロ離れた小さな無人島「ピケロット島」に漂着。

3人は航行予定から行方不明が発覚し、米領グアムの沿岸警備隊が捜索への協力を呼び掛けました。

その後、グアムのアンダーセン米空軍基地から空中給油機が空から3時間にわたって捜索し、最後に雨雲を避けようと方向転換したところで無人島を発見。
よく見るとSOSの文字が描かれ、そのわきにボートが止まっていることが判明。

近くを航行していたオーストラリア海軍艦が連絡を受け、輸送機で島に食料と水を届け、兵士らが3人の身元と、大きなけががないことを確認。

さらに、ハワイから現地へ向かった米沿岸警備隊の輸送機が無線機を投下。
3人はこれを使って、地元から派遣されたミクロネシアの巡視船と連絡を取り、午後8時ごろに無事救助されました。

物資投下の様子と、救助の様子はインターネットに公開されており、確認が可能です。

動画はこちら

(投下の様子)

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

(ヘリコプターにより救助されている様子)

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

各機関の連携がとれた素晴らしい対応でした。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする