【海外ニュース】ニューチャイナボカン、家族喧嘩でアパートが爆発する。

中国で起こる怪奇現象、あるいは風物詩の一つ「チャイナボカン」
ガラステーブルからスイカ、マウスまで幅広く、何故爆発したのか解らない物が爆発していく現象と言われています。

最近、近江通信で取り上げたものではマンホールが相次いで爆発(1例目の記事2例目の記事)などがありましたが、今度は家族喧嘩でアパートが爆発しました。

事件があったのは2021年4月8日、中国の北部にある吉林省長春市で、アパートの5階部分が爆発しました。
これはある夫婦が家庭内の揉め事により、ガスに点火したことが原因であるとのこと。

この事件で夫婦がともに軽傷を負い、爆発により付近の建物や車が被害を受けました。

爆発の様子は、付近に止まっていた車のドライブレコーダーの映像と、爆発後に現地で撮影された動画が公開されており、視聴することができます。

公開された動画はこちら

動画では、アパートの5階部分が突然爆発し、炎が上がる様子が記録されています。
切り替わった動画のシーンでは、特に上層の階がダメージを受けている様子が確認できます。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする