【海外ニュース・動画】航空ショーに参加していた第二次世界大戦の名機「TBFアヴェンジャー」が海に不時着。けが人なし。

アメリカ合衆国フロリダ州のココアビーチで2021年4月17日、航空ショーの最中にショーに参加していた「TBFアヴェンジャー」(TBFアベンジャー)が海に不時着するという事故がありました。事故の原因は、同機の機械的なトラブルであると報告されています。

この事故では幸いにもパイロットや海水浴客を含め、けが人は一人も報告されていません。

同機は、アメリカ合衆国のグラマン社が開発し、1941年12月に生産を開始した第二次世界大戦中にアメリカ海軍などで運用された主力雷撃機である「TBFアヴェンジャー」の貴重な同体保存機の一つでした。

この事故の様子は、ニュースメディアWESH 2 Newsなどが動画を公開し、話題となっています。

公開された動画はこちら

別アングル

さらに別のアングル

動画では、パイロットが見事な腕前で機体を綺麗に着水させる様子が確認できます。
貴重な動体保存機が海水に浸かってしまったのは悲しいことですが、誰もけが人が出なかったことは不幸中の幸いでした。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする