【国内ニュース・動画】当て逃げした軽トラックを自力で追跡、確保する様子が投稿される。

2021年1月30日にYouTubeに投稿された動画では、同月20日に撮影されたものとみられる、軽トラックとの接触事故の様子が記録されていました。

動画はこちら

動画では、撮影者が交差点手前の右折レーンに進入して加速時に、軽トラックが安全確認をしないまま車線変更を試みたのか、接触してしまう様子が記録されていました。

その後、撮影者がすぐ横の駐車場に入るも軽トラックはついてこず、どうやら直前の交差点でUターンをした模様。
撮影者が慌てて追跡し、近くの駐車場に入った軽トラックの後ろにつくまでの様子が記録されていました。

動画の説明文によると、この軽トラックの運転手は当て逃げをしたことを否認したそうです。

ドライブレコーダーの映像で、接触前は軽トラックの右ミラーが開いた状態であることがわかりますが、接触後は右ミラーが畳まれた状態になっていることがわかります。左ミラーは開いたままの状態なので、ドライバーが自動格納で閉じたりしたものではなく、衝突の衝撃によって畳まれたものであることが解ります。

ミラーが畳まれるような衝突であれば、それなりに衝撃があり、「気がつかなかった」ということはあり得ないものですね。

これから展開がどのようになるのかが気遣われます。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする