【海外ニュース・動画】アメリカにある次々とトラック突っ込む呪われた橋。新たな犠牲が…。

記事をシェアする





魔の交差点、魔のカーブというものの存在は日本でもたまに聞きますが、海外にももちろんそういう物はあります。

アメリカ合衆国ノースカロライナ州ダーラムには11フィート8ブリッジ(11 foot 8 Bridge)というあまりにも事故が多い鉄道橋があり、2020年9月29日にも新たな犠牲者が出ました。

その橋は高さが絶妙で、よくトラックが突っ込んで天井を剥がしていることから、「缶切り橋」などと言われているそうです。

動画はこちら

過去の動画たち

地元メディアや、アメリカの大手メディアなどでも報じられている一種の「有名スポット」で日本のWikipediaにも記事が作成されています。

11フィート8ブリッジ-Wikipedia

この時点での事故の動画は2008年から数えて、今回の最新の動画は159本目の事故動画になるとのこと。

現地当局はこれまでに高さを少し引き上げるように工事をしたり、警告の看板を設置するなどしているようですが、どれもなかなか効果が無いそうです….。


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア





中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

記事へのコメント

コメントする