【動画有り】1911年のニューヨークの動画が最新技術で4K60Fpsの動画に復元される

記事をシェアする





1911年のアメリカ、ニューヨーク市を撮影した動画が現代の際銀技術を用いて、4K画質の60fps動画に復元されました。

当時の街並み、人、服装、交通などが解る貴重な歴史的資料です。

動画はこちらから視聴できます。

新しいヨークシティーという意味で「ニューヨークシティー」ですが、正直、もう新しくないですよね。
日本でも「○○ニュータウン」という記述をよく見かけますが、もはや「○○旧タウン」と化したような所の方が多い気がします。

それでも、やはりニュータウンという言葉に憧れ、現代でもニュータウンは新設され、駅名でも「新」とつける体たらくですが….。

ちなみに1911年と言えば、アメリカ軍において自動拳銃である「M1911」が正式採用された年です。

1911年の制式採用から、正式採用されていた期間の1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そして、ベトナム戦争で用いられ、今でもその改良型が使用されています。

まだ馬が走っていたような文明レベルで、開発者のブローニングはこんなオーパーツを作り出してしまったんですね…..。


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア





中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする