【動画】警察が見てる前で信号無視をして過失が100:0になった事故のドライブレコーダー

記事をシェアする





動画の始めの頃に、右側にある交番に入っていくパトカーと、交差点における交通違反の取り締まりをしているとみられる警察官が写っています。

撮影車は、前方の信号が赤色になり、同時に出た矢印信号で右折可能になったため右折を開始。
この時点で当然、直進の信号は赤ですが、対向車が信号を無視して突撃し撮影車と接触。

動画はこちら

危険予測だけでは回避できない「運」の事故もありますね…..。
今回、動画内の解説によると相手側は当初信号無視をした認識はなかったそうです。

今回はドライブレコーダーと警察という二つの証拠がありましたが、そうでなければ揉めるでしょうね….。
ドライブレコーダーの重要性を考えさせられる事故でした。


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア





中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする