盗難車であおり運転をしてエアガンを発射した男 逮捕

記事をシェアする



愛知県の東名高速で、盗難車のワゴン車あおり運転をしたうえで、
エアガンを撃って前の車を傷つけた男を、警察が器物損壊の疑いで逮捕。

逮捕されたのは自称・兵庫県尼崎市の無職、佐藤竜彦容疑者(40)。

この容疑者は、2019年9月8日午前7時ごろに、愛知県の東名高速上りの日進JCT付近から上郷SA付近までの間を盗難車のワゴン車で走行中に、前を走る車にあおり運転をし、エアガンで車体4カ所に傷を付けた器物損壊の疑いあります。

警察が逮捕状を取得し、行方を追っていたところ、同月14日午前0時半ごろ、容疑者は知人男性らに付き添われ、尼崎市内の警察署に出頭し、逮捕されました。

警察はエアガン1丁のほか、およそ2000発のBB弾を押収。

容疑者が運転していた車両は盗難車で、調べに対し容疑を認め、「前の車がどいてくれず、ブレーキを踏まれてぶつかりそうになったので、腹が立ちエアガンで車に当てるつもりで打ちました」などと供述したそうです。


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア



中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする