【海外・動画】高速道路で止まった時は、可能な場合は道路外で待機しよう。停止車両に追突する様子が公開。

日本の高速道路は原則として全線が駐停車禁止です。
車が故障した場合や事故を起こした場合、その他トラブルが発生した場合にやむを得ず車を路肩や非常駐車帯に停止させることはあるかもしれませんが、その場合、可能な場合は道路の外(柵の外)に出て助けを待つことが望ましいとされています。

2020年1月7日にYouTubeチャンネルViral Lifeに投稿されたドライブレコーダーの動画では、海外の高速道路で路肩に停車している車両に、トレーラーヘッドが猛スピードで追突してしまう様子が記録されていました。

動画はこちら

広告

高速道路の本線上で車が停止することがないように日常的な点検を心掛けること、本線でやむを得ず停止してしまった時には安全な策をとることが求められますね。

 

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ