【海外・動画】警察による荷物泥棒の囮捜査?の風景が興味深い

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

海外ではパッケージシーフ、直訳で「荷物泥棒」が問題になっています。
海外での荷物の配達、運送サービスは基本的にピンポンを押すことなく、玄関先にそのまま段ボールを置いていきます。

これを見た人が盗んで行ったり、専門の窃盗団が盗んでいくことも当然発生していて、その数の多さが問題になっています。
そんな荷物泥棒を防止するための囮捜査のような風景の動画が話題になっていたので紹介します。

動画はこちら

※ここの下には本来、動画サイトLiveLeakの動画が挿入されていましたが、同サイトが消滅しItemFixというサイトになったため、動画が見れません。リンクだけ残してあります。この件についての詳細はこちら

男が周りをきょろきょろしながら荷物に忍び寄り、パッと荷物を手にします。
次の瞬間、突然高光度のライトが輝き、道全体が照らされ、さらに次の瞬間にはパトカーが顔を出します。

犯人はポロッと荷物を落としますが、もう時すでに遅し。バッチリと撮影されいます。
恐らく、このまま犯人は捕まったことでしょう。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする