【動画】人生最悪のおはよう?居眠りで分離帯に突っ込み車がひっくり返る。幸いにも軽い怪我のみ。

2021年4月15日中国東部の江蘇省常熟市で、居眠り運転の車が分離帯と街灯に突っ込みひっくり返るという事故がありました。この事故で車の運転手が軽い怪我をしました。

運転手はその後通行人により救助されたとのこと。

この事故の様子は現場の監視カメラの映像と、事故後に現場で撮影された動画が公開されており、確認することができます。

広告

公開された動画はこちら

動画では、車が猛スピードのまま中央分離帯と街灯に衝突する様子が記録されています。
原因は居眠りとのことですが、人を巻き込まなかったのは幸いでした。

シートベルトをしていたために軽傷で済んだと考えられており、シートベルト着用の安全性が考えられる動画でした。

日本のお話にはなりますが、日本では本来前席よりも安全な筈の後部座席の事故での死亡率が高い傾向があります。
これはシートベルトの未着用におこっていることで、事故後に運転手が目を開けると、後部座席に乗っていた子供が目の前でフロントガラスに刺さって死んでいたなどの事例もあります。

シートベルトは必ず着用し、居眠り運転にならないよう適度に休憩して安全な運転を心がけましょう。

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ