【自転車・事故】Tour of Poland 2020ゴール目前であまりにも酷い事故。

自転車のロードレース「Tout of Poland 2020」ステージ1でゴール直前に最悪の事故がありました。

オランダの自転車競技選手の「ディラン・フルーネヴェーヘン」氏が乗る自転車が後ろから来るヤコブセン選手に接近、ヤコブセン選手はそのままフェンスに突っ込み、こん睡状態になってしまいました。

その時の動画が公開され物議を醸しています。

動画はこちら

(スロー)

世間では「わざとでは?」と騒がれているようですが、後ろが見える状況にも思えないんですよね…..。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする