【閲覧注意・動画】ユニットバス孤独死の特殊清掃の様子を撮影した動画

記事をシェアする



世間は不公平、不平等と言われますが、一つだけ約束されていることは
「人はいつか必ず死ぬ」ということだと思います。

基本的には死ぬ場所も死ぬ時期も、特に自然死においては選ぶことができません。
例えば、一般の住居の中でお亡くなりになり、長時間放置された場合はどうなるのでしょうか。

遺体は警察、検察が移動したとしても、
腐敗した体の一部や、体液など、その痕跡は必ず残ります。

そこから先は、民間の業者の仕事です。

関西クリーンサービス」のYoutubeチャンネルにおいて、
許可を得た上で撮影された孤独死の現場清掃の一部始終の動画が公開されていましたので、紹介します。

動画はこちら(閲覧注意)
【閲覧注意】ユニットバス孤独死(現場)の特殊清掃
※サムネイル、プレイヤーは非表示にしています。リンク先でご確認下さい。

色々考えさせられた動画でした。


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア



中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

記事へのコメント

コメントする