【国内ニュース】走行中の撮影者のバイクに蹴りを入れようとする男性。恐怖の動画が公開。

走行中のバイクに蹴り、恐ろしい様子がアクションカメラの映像に記録、動画が公開され物議を醸しています。

2021年5月21日、チャンネル登録者人数8000人を超える人気YouTubeチャンネルまさチャンネル【クロスカブ】には、栃木県内の峠道で走行する撮影者のバイクに向かって蹴りを入れようとしてくる恐ろしい男性の様子が記録されていました。

公開された動画はこちら【2021年6月20日追記】
最初は動画の埋め込みが許可されていて、プレイヤーを埋め込むことが出来ていたのですが、いつの間にか動画の埋め込みが禁止になり、コメントと評価機能がオフにされたようです。そのため、動画へのリンクを掲載します。
動画はこちら https://youtu.be/ts7528mEPO8 (動画リンク)

https://youtu.be/ts7528mEPO8

動画では、歩いている男性が撮影者に向かって蹴りを入れようとする恐ろしい様子が記録されていました。

撮影者に蹴りを入れようとする男性
撮影者に蹴りを入れようとする男性 -動画より-

撮影者は相手から殺意を感じたほど、強い恐怖を受けたとのこと。
走行中のバイクが転倒すれば、重大事故は免れません。
あまりにも恐ろしい事件の様子でした。

この出来事が罪に問われた場合、罪名が何になるかというのは筆者では断言できませんが、過去の判例より、あおり運転はなにも車同士でのみ成立するものではないことは解ります。

最近の事例であれば、埼玉県で自転車で車に対して危険行為を繰り返したひょっこり男が複数のあおり運転の罪と、注意をした男性に対して石を投げつけた、暴行の罪に問わ、懲役8か月の実刑判決を受けた事例が記憶に新しいです。

実際に犠牲者が出る前に早く逮捕されて欲しいですね。

【2021年5月23日追記】
追記された動画の説明によると、撮影者は警察に報告したとのこと。
ただし、被害届を出したという内容ではなく、報告したという内容となっていました。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

記事へのコメント

  1. 評価とコメントを無効にしてる時点でお察し。被害者ぶることに全力でキチガイとかそういう言葉を平気で使うあたりこいつも頭やばいだろ。

コメント欄は閉鎖しました。