【海外ニュース】警察と凶悪犯のカーチェイス。パトカーのダッシュカムが公開される。

アメリカ合衆国ジョージア州のアトランタ付近で、2021年4月12日、複数の重罪判決を含む幅広い犯罪歴を持つ人物が乗る車と警察のパトカーとの激しいカーチェイスがありました。この事件で車に乗っていた4人が逮捕されました。

この一連の事件、カーチェイスの様子は警察のパトカーのダッシュカメラ(ドライブレコーダー)の映像が公開され、保安官の卓越した運転技術と保安官のできた対応が話題となっています。

公開された動画はこちら
(カーチェイスのシーンは50秒付近から)

事件の始まりは、容疑車両の運転手が携帯電話で通話のような動きをしながら道を走っていたことでした。
保安官は交通違反の取り締まりのために後を追い、容疑車両に続いて商業施設の駐車場に進入。

容疑車両から4人が降りたところで、保安官が交通取り締まりのために容疑者らに近づくと、容疑者らは慌てて車に戻り逃走を開始しました。それからすぐに、該当車両は最近その地域で発生していた窃盗事件に関連している可能性があると判断され、BOLO(緊急手配)が出されました。

しばらく追跡した後、保安官はPIT(Precision Immobilization Technique、パトカーをぶつけて対象車両を停止させる技術)を行使。これにより追跡は終了し、容疑者らは身柄を確保されました。

容疑者らは全員がシカゴ出身で、保安官に「休暇でこの街に来た」と話したそうですが、運転手は偽造された身分証明証をもっていたほか、車の中からは複数のスキー用マスクがあり、非常に熱い気候であるにもかかわらず、パーカーを着ていたとのこと。

後に、運転手と同乗者1名には、イリノイ州での暴力犯罪による複数の重罪判決を含んだ、幅広い犯罪歴があることが判明しました。

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ

コメントする