【海外ニュース・動画】アメリカで燃える松明をパトカーに投げ込んだ容疑者が逮捕。

記事をシェアする

2020年10月15日、アメリカ合衆国ワシントン州 シアトルのネイバーフッドにあるサウスレイクユニオンで、松明のようなものを持って街を歩き回り、パトカーに向けて松明のようなものを投げつけた男が逮捕される事件がありました。

始まりは松明のようなものを持った不審な男がいるという警察への通報。
その後、警察官が現場にかけつけ、デクスターアベニューとジョンストリートの間の路地で警察官が松明のようなものを持った容疑者を発見。

容疑者は警警察官の乗るパトカーに向けて松明のようなものを投擲、パトカーにいた警察官は慌てて容疑者に向けて発砲。
警察官が撃った弾は容疑者には当たらず、別の警察官がテーザー銃を使用して近くの駐車場で容疑者を拘束しました。

その後、パトカーに乗っていた警察官も容疑者に拘束に加勢。
対応している間にパトカーは全焼してしまったとのこと。

この一連の事件でパトカーを運転していた警官が軽いやけどをしました。

 

事件の様子をとらえた警察官のボディカメラと近くの監視カメラの映像は、アメリカ合衆国の法律に基づき公開されています。

動画はこちら

警察官がパトカーの中から直接容疑者に向けて発砲するシーンなどが記録されています。


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア

中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする