【ニュース・動画】堤防で虐げられていた猫が保護されて幸せになるまでの動画が心温まると話題に

記事をシェアする

堤防に住む人懐こい猫が保護されるまでをまとめられた動画が、心温まるとして話題になっていたので紹介します。

動画はこちら

これは人気Youtuberチャンネル「釣りよかでしょう。」の撮影者達による動画です。

釣りに行った堤防に1匹の猫。
そのまま釣りのポイントまでついてきて人に甘えたり、魚をもらえるのを待ったりしています。

同じ堤防に撮影に行った時もやはりその猫がいて、同チャンネルの動画において人気の猫になっていました。

しかし、いつも一匹で堤防にいることに違和感が。
聞いてみると、猫のテリトリー争いで一匹だけ虐げられ、堤防に追いやられているようです。
テリトリーの関係から、台風が来ている時でもテトラポッドの間にいたなどの話もあったようで、とても心配な状況でした。

さらに、同チャンネルの動画には「猫を殺す」といった趣旨の悪質なコメントが届くなどしたようです。

こうした状況を受けて、同チャンネルの撮影者達は事業拡大も含めてかペットが飼える家を購入、猫を保護することを決定したそうです。猫の保護にあたっては、近くで情報収取をして飼い主が居ないことを確認し、近くの人たちに同意を得て保護したとのこと。

撮影者達が猫を迎えに行くと、しっぽを立てて嬉しそうに駆け寄っています。
※猫は嬉しい時にしっぽを立てる習性があります。

今は暖かい家で、快適に過ごせていることでしょう。

その後の様子は同チャンネルの系列チャンネルにアップロードされ続けています。

まりもとまる。-Youtubeチャンネル


記事をシェアする

【公式Twitterをフォローして最新のニュースを確認しよう!】
公式Twitter→【公式】近江通信 – 国内外のニュースメディア

中村書記

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。Twitter:@oumi_nakamura

コメントする