ながら運転厳罰化、「手に持って操作は基本的にアウト」

⚠注意⚠
整理済みのページです

情報が古いか、コンテンツの一部が利用できません。

このページは、ユーザーの利便性を低下させる恐れがあると判断されたため、整理済みとしてタグ付けられています。
この記事は通常、サイト内検索でヒットせず、おススメ記事には表示されません。

広告

どういうコンテンツがあったかという記録のためにのみページが残されています。

この通知は次のような理由で表示されています。
・ 情報が古く、情報としての価値が低い。または新しい情報と錯誤する恐れがある。
・ 動画紹介をする記事であるのに、該当する動画を閲覧することができない
・ その他、何らかの理由で情報的価値が低いと評価された

近江通信では、こうしてサイトの品質保持に努めています。
ご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。

ながら運転厳罰化。
反則金は約3倍になり、事故を起こした場合は一発免停になる可能性があるようになりました。

広告

この取り締まりの基準について、話題になっていたので紹介します。

Twitterで人柱になってきた(取り締まりを受けてきた)とする人は、警察官に確認すると「車もバイクもホルダーに固定させてたら原則罰せられんとさ」とのこと。

筆者も知り合いの警察官に確認をしてみました。すると、こうした回答がもらえました。
「取り締まりの明確な基準については、警察署の指導や取り締まる警察官によっても変わってくるが、手にスマホを持って操作しているのは基本的にアウトにすると思う。取り締まらない基準については、ちょっと発言に責任が持てないから言えない。」

明確な基準はまだ不明なところも多いですが、特に「手に持って操作」は基本的に取り締まられるようです。

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ