【国内ニュース・動画】宮城県を通る東北自動車道での多重事故。事故の様子のドラレコが公開。

2021年1月19日正午ごろ、宮城県大崎市を通る東北自動車道古川インターチェンジ長者原サービスエリア間の下りで、多重事故が発生しました。

事故はおよそ1キロの区間で車両130台以上、およそ200人が関係しているとみられ、1人が死亡、10人がケガをしました。
公開された情報によると事故当時、現地では吹雪で視界が悪くいわゆる“ホワイトアウト”で事故が発生したものとみられているとのこと。

この事故の瞬間を捉えたドライブレコーダーの映像や、付近の下道で発生していたホワイトアウトの様子が公開されており、物議を醸しています。

広告

事故拡大の様子が対向車線から記録された動画
(動画33秒あたりでトラックが中央分離帯に接触する様子が確認できます。)

下道でのホワイトアウト

 

【2021年1月20日追記】
新しく動画が投稿されていたので追加で紹介します。

交通事故発生直後に最後尾に入った車両の動画

事故車両に前後を挟まれた車両からの動画

広告

事故直前の現場の様子

 

広告

著者: 中村書記

交通ニュースなどを主に書くライター。三度の飯よりドライブが好き。法学系の人なのにすごく残念な人。 Twitter:@oumi_nakamura / プロフィールページ